中四国大会♪

チアリーディング中四国大会。

春から大会の競技規則が変わり、今まで一緒に演技をしてきた中学生メンバーとは部門が分かれ、小学4年生から6年生の高学年メンバーで競技部門に出場しました。

技術面でも精神面でも頼りにしてきた中学生メンバーがいなくて、つまずいたり、ぶつかったり、前へ進めなくなった場面もたくさん見てきました。
気持ちを一つに高めていくことがとても難しかったと思います。

前日練習でも、なかなかノーミスの演技が出せず。

大会、どうなるだろうと不安もあり。

前夜に。
100%でやったのか。
あれで100%なのか。
〇〇(娘)を見てても気持ちが全然伝わってこない。
気持ちが伝わってこないから、ミスしても悔しさも沸いてこない。
気持ちがあれば、たとえ失敗してしまったとしてもそれはいい、でも気持ちのない演技は見たくない。
と、娘に吠える熱い母・笑。

大会当日の朝にいつもお腹が痛くなり、青マットにあがったら心拍数がありえないほど高まるのは私で( ̄▽ ̄)笑。
娘はノー緊張。。
え?なんでママお腹痛いん?
何が緊張するん?
と(。-_-。)

少しは緊張感も必要だと思う(・∀・)

そして迎えた本番。
心臓は激しく打つし、カメラを持つ手は震えるし( ̄▽ ̄)←毎回・笑。
いつも連写で写真を撮るのですが、??ん??何故か連写ができない。
演技が始まってシャッター押すとシャシャシャシャシャ、といつもなら撮れるのに。
シャ。と最初の1枚が撮れたらカメラが固まる( ̄▽ ̄;)
かつ、その後5秒くらいシャッターが反応しなくなる((((;゚Д゚)))))))。
どんどん演技は流れるし、演技が気になりながら電源オンオフしてみたり、あたふたあたふた。。
結局、最後までシャ。と撮っては5秒フリーズ。シャ。フリーズ。を繰り返し(´༎ຶོρ༎ຶོ`)
シャッターチャンスを逃しまくり全然撮れませんでしたが( ̄▽ ̄)。。

終わってみると。
ヒヤッとする場面があったのは課題ですが(娘です・・(-_-))、みんなの気持ちが伝わってくるノーミスの演技に感動しました。


股関節の痛みから納得のいく練習ができていない娘をみてきて、私はこの大会をどう観たらいいのだろうとモヤモヤしていましたが、あっけなく笑、感動です笑笑。

娘のロン宙は、前日練習で一度も決めることができず、今回は演技から外れましたが、大会までのラスト3日間、ロン宙を決めたい一心で児童館練習をした娘の気持ちが好き‼︎
熱い母は、頑張る過程が好きなのです。
結果がついてくればもっといいですが、その過程が大事、絶対に次に繋がる(●´ω`●)

演技では、頼もしい同級生メンバーが完璧な着地のロン宙を決めて会場を沸かせてくれました╰(*´︶`*)╯♡
最高のチームです♪♪
みんなお疲れ様でした(*´꒳`*)

そして♪♪
大会のお楽しみのお買い物。
今回の娘チョイスが。。
なんとも言えない笑。
欲しかった白パンとコーデしてチアTを選んだらしいのですが。
娘チョイスが凄すぎる( ̄▽ ̄)笑。
何色系?と聞くと。
娘「何色系とかじゃない」と。

見て納得、確かに何色系か分からない(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
いや、いろんな色。
いやいや、色溢れすぎ( ̄▽ ̄)

洗脳できていると思っていたシンプル路線は全く見当たらずヽ(・∀・)


Instagram:gg0gg0gg
スポンサーサイト

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top